「痛風」の前兆と初期症状とその仕組み

痛風を治したい

「痛風」とは<習慣的にお酒を飲む>という方を中心に
大人であれば、特に「中年」と呼ばれる年代であれば
広く浸透している知識であり、主に<足が痛くなるやつ>として知られています。

また「尿酸値」という、「血圧」や「血糖値」と同じように
体液(血液)の、特定の数値が高くなることで現れる症状であることも
常識的な知識として、認識されていることと言えます。

”痛み”と”数値”という、一見それだけでは深刻に見られない症状も
肉体にとっては、大きなトラブルが起きていることには変わらず
その最終的な因果関係は、ぜひ知っておく必要があり
早期解決のため、可能な限り重篤な症状が現れる前に具体的な対策を始めることを心掛けましょう。

痛風の前触れとなる現象

痛風の症状としては、まずは「足」が痛くなること有名ですが
他にも、腰・肩・肘・膝といった「関節部」に広がっていくものであり
発端となったパーツから、徐々に様々な箇所に広がっていきます。
(実際には「足の指の付け根」から始まることが多いようです。)

関節は常に<駆動>しているものであり、負担・運動量が大きいことも影響しています。

<風邪が吹いただけで痛い>ほどに、ちょっとした刺激にも反応すること
更に<風のように症状が広がっていく>ことも、痛風の由来のようです。

足に症状が出やすい理由としては、「重力」によって痛みの素となる成分が
沈殿しやすい・溜めりやすいためであり、痛みと共に「熱」を感じることになります。

正に「激痛」であり、その痛みは症状を繰り返すごとに悪化すると言われています。

また、症状(炎症による痛み・発熱)が起きた場所は
”赤く腫れる”という症状の繰り返しによって、徐々に物理的な「歪み(変形)」が見られることとなります。

放置しておけば悪化の一途

痛風の症状は、何もしなくても治まることになりますが
徐々に「発生頻度」が、多く・頻繁になってきます。

最初は「半年に一度」程度だったものが、放置しておくことで日常的にものになります。

意外にも、痛風の症状というのは<高くなった瞬間に起きる>ものではなく
”すでに溜まったいたリスク”が、なんらかのきっかけ(運動・脱水症状等)によって
瞬間的に現れるものと考えるべきであり、常に痛みのリスクは存在するのです。

また女性は、女性ホルモンによって尿酸の排出が盛んであるため
痛風患者の9割は男性であり、40歳以降に急増しますが
20代後半からすでに症状が現れる人もおり、やはり個人差の大きなものです。

痛風の痛みは非常に大きなことに加え、独特の痛みであり
「なんとなく、キテル」時点で、当事者意識を持つ必要があります。

  • ピリピリ刺激される痛み
  • ジンジンしびれる
  • 部分的なだるさ

といったものを感じたら、”可能性”を考慮すべきと言えます。

痛風を引き起こす要因

痛風は、血糖値が高いことによる「高尿酸値症」が原因で起こります。

尿酸は水に溶けにくいため、「解消」が難しい成分であり
蓄積することによって「結晶化」が起こり、異物として白血球が反応することで
「血管壁」が刺激され炎症が発生し、最終的な痛みを感じることになります。

尿酸が、一定の値を超えたことで<起こりやすくなる>とされていますが
その数値や状況には個人差があり「痛み」自体が、いつから発生するかにも差異があり
痛風の体性というのは、「体質」の影響を非常に受けやすいと考えられています。

※「尿酸が高い」基準は、血中濃度が「7mg/dl」を超えた段階

「アルコール(プリン体)」と痛風の関係

痛風と言えば<お酒を飲み過ぎた結果>として認知されていることも多く
その鍵は「プリン体」と呼ばれる成分が握っていると考える方も多いと思われます。

「アルコール」の代謝によって尿酸が発生し、またアルコールに含まれる
プリン体を多く摂取することで、尿酸の発生リスクは上昇することになります。

しかしながらプリン体を含む食品は、お酒の他にも数多く存在するものでり
アルコールによる痛風の症状の発症・悪化は、他の側面の影響が大きいと考えられます。

痛風の症状は、「水分」が不足した際に発生しやすいことが分かっており
アルコールの摂取による症状の発生は、その「プリン体」の量以上に
アルコールへの対処によって、水分が使われてしまうことが原因です。

タイトルとURLをコピーしました