尿酸値が高くなってきて「痛風」の症状が現れ始めたら見直すべき食生活の内容

痛風を治したい

「痛風」は命に関わらないまでも、非常につらい症状として知られている
中高年にとって、決して無視できない健康問題と言えます。

今まで積み重ねてきた食生活が、大きな要因の1つであり
「生活習慣病」の1つと言っていいほどに、同じくらい重要なものです。

痛風を発症する要因というのは、実はまだ完全にされていないものになりますが
溜まりに溜まった「尿酸」が、何等かの「トリガー」によって痛みを発生させ
一度症状が現れてしまうことで、その頻度・痛みというものが増大していきます。

尿酸値が高い状態である、「高尿酸値症」という症状自体は
必ずしも「痛み」を伴うものではありませんが、
痛風という症状が現れる、最も大きな要因には違いありません。

痛風の痛みというのは、尿酸が<結晶化>したものが
血管の壁を刺激していることによるものであり、
この刺激を発生させないことが、最終的な痛みを避けるためには必要になります。

できるだけ「尿酸」を発生させないこと

原因も食生活であるのであれば、解消・改善も食事の内容が鍵になりますが
尿酸は非常に解消が難しい物質でもあり、まずは「予防」として肉類・魚類を避けることが必要です。

「減らす」前に、「増やさない」ことが大切なのです。

そして本来であれば、「症状が出たら」というよりも
”出る前に”始めるべきであることは、言うまでもありません。

尿酸値の上昇を招く栄養素としては、「プリン体」が知られており
また、プリン体を含む食材の代表として「ビール」が挙げられますが
ビールよりもプリン体が高いものは、たくさん存在します。

肉・魚、特に「ホルモン系」や「甲殻類」や「卵」といった
「たんぱく質」が多いものが、プリン体を多く含む傾向があります。

そした、こういったものを控えること以上に
「水」や「クエン酸」といった、プリン体を中和する成分の摂取も必要です。

控えるべきもの・摂取すべきもの

この2つを意識してみることで、とりあえずは「食い止める」ことにつながります。

尿酸の「中和」を意識する

以上はあくまで予防面とした、ある意味で”最低限”意識したいものですが
尿酸・プリン体の特徴を考慮した、より<改善>に近い食生活の実践していきましょう。

そしてその際に、鍵をなるものは「アルカリ性の食材」になります。

これは、尿酸という「酸性」の存在を中和することが目的であり
そのままでは溶けにくい(排出しにくい)尿酸を、
より解消しやすい状態へと、変えていくために効果的と言えます。

上記したクエン酸自体は、酸性の物質になりますが
分解されることで、最終的にはアルカリ性に変化するものでもあります。

アルカリ性の食材としては、

  • 根菜類(大根・人参・ジャガイモ・ごぼう)
  • キャベツ・ナス
  • 海藻(ワカメ・昆布)
  • バナナ・メロン

また「こんにゃく」や「グレープフルーツ」といった食材も、尿酸値の減少に効果的な食材です。

そして、高尿酸値症を解消するために非常に有効な成分「アンセリン」になります。

このアンセリンは、食事から摂取することもできますが
プリン体の多い食材に多く含まれる傾向があり

アンセリンの摂取=プリン体の摂取

となってしまう、非常に残念な現実があります。

そのため、アンセリンを摂取したい場合には
「サプリ」での摂取がおすすめであり、必要な手段になります。

<発展>させないことが目標

痛風をはじめとして、症状そのものが非常につらいことが
中高年になって起きるトラブルの特徴と言えますが、「命の危機」からはやや遠い・・・ものに思えます。

しかしながら、それらを改善することは痛みを避けるためだけでなく
より重い症状・よりつらくなる症状を防ぐことになります。

あくまで痛風・尿管結石といった、特徴が現れているだけで
それらの症状が現れているということは、高血圧・高血糖といった
生活習慣病の「本丸」と言える症状も、進行している可能性が高いです。

  • 尿酸値
  • 血圧
  • 血糖値

これらの数値が高くなることによって、共通して招かれる症状として
「動脈硬化」があり、これは特に・何としても防ぎたいものです。

動脈硬化は脳卒中や心筋梗塞を招く、直接的な要因になり得るものです。

そして、これらの症状が現れているということは
すでに「スイッチ」が入ってしまっている、と考えられます。

最近では、尿酸値と同時に「血糖値」にも働きかけるアイテムもあり
そういったものを利用して、効率的にアプローチしていきましょう。

日常的に解消する努力をする

痛風の症状が、なぜ脚の先端から始めりやすいかと言えば
「重力」によって、尿酸が体の下部に溜まりやすいためです。

そのため、一局的な症状を防ぎたいのであれば
体を動かすことによって、血液を巡らせることも必要です。

ただしあまりに激しい運動は、逆に尿酸を発生させてしまうことにつながるため
ぜひ「有酸素運動」を中心にして、取り組んでいきましょう。

その際にも「食後」に行うことで、食後血糖値のゆるやかな現象につなげ
効果的に糖尿病を防ぐ、といった工夫も必要です。

懸念事項が多いからこそ、「効率」が重要になります。

タイトルとURLをコピーしました