「尿管(路)結石」の前兆と初期症状とその仕組み

尿管結石も治したい

「結石」とは、その名の通り体内に「石」ができてしまう症状であり
一般的に最も広く知られている、「尿管(路)結石」でお馴染みの症状です。

やはり「激痛」を伴うということで、特に尿管結石は恐れられており
”可能であれば”というよりも、何としても避けるべき症状と言えます。

「石」というと、道端に転がっているものをイメージしがちであり
「勝手にできるものなの?」と、不思議に思う方もいるかと思いますが

<体内で発生する石>は、誰にでも発生する可能性のある
一度芽が出てしまうことによって、徐々に・着実に大きく「育つ」ものになります。

とにかく、症状が現れるまでにはある程度時間がかかるものですが
激痛が現れる前に、そもそも芽が出る前に何とかすべき症状です。

尿管(尿路)の前触れとなるもの

”結石”は<尿管(路)に石ができる>ということが、物理的な症状と思われがちですが
そもそも石が発生する場所は、「腎臓」だったりと尿が関わる器官に幅広くリスクが含まれます。

尿管結石にもいくつか種類がありますが、そのほとんどが「上部尿路結石」と呼ばれるものであり
腎臓・尿路の、いずれかに発生することが一般的です。

そもそも結石とは「ミネラルの塊」であり、大きな「岩塩」をイメージすると分かりやすいと思います。

「激痛」は最終的な症状と言える

最も分かりやすい症状としては、やはり「極度な鈍痛」になりますが
それが現れるのは”最終段階”であり、それ以前の症状としては
「血尿(結石が尿に関わる部分を傷つけているため)」や、
最終的な激痛以前の痛みは、しばしば「脇腹」や「背中」に現れます。

そもそも最終的な痛みというのは、結石が尿路に関わる
どこかの”通路”を塞いでしまうことで、腎臓内の圧力が高まることで発生します。

<どこか詰まってしまったら>激痛が走ると言えます。

ただし、以上はあくまで<イメージしがちな症状>であり
その多くが、気付かない間に尿と一緒に排出されることになります。
(小さなものでも石は石であり、違和感・痛みを伴うことも多いですが
結石の痛みというのは、「尿道」を通る際の激痛とは異なるものです。)

そもそも、発生させないことが重要ですが
”小さめ”で排出させることこそが、不幸中の幸いと言えます。

初期の自覚症状はほぼない

そして、結石の最も恐ろしい点としては
「発生した時点」では、自覚症状は全くと言っていいほどありません。

”手遅れ”になって初めて、石が存在したことが分かります。

それだけに「予防が全て」と言える、典型的な症状と言えます。

とは言っても、上記したように「オシッコ」の際に
”ポロっと”出ることも珍しくなく、その時点で危機感を持つことも大切です。

「それで、終わり」ではないためです。

結石は、非常に<再発>をしやすい特徴のある症状であり
「できやすい人」というのは、何度も繰り返すことも珍しくありません。

また小さなものは「レントゲン」等でも、見つけることが困難であり
「見つかる」ということは、”ある程度育っている状態”と言え
まさに「爆弾」を抱えた状態とも、言えるものになります。

とにかく作らない・育てないことが、重要になります。

尿管(尿路)結石の要因

結石が発生する原因としては、「食生活」の与える影響が非常に大きなものと言えます。

「できやすい(できにくい)体質」というものが、存在することは確かですが
やはり<過剰なエネルギーの摂取を摂取する習慣>の積み重ねは、
確実に尿管結石をはじめとした、結石の発生リスクを高めるものと言えます。

肥満傾向の人に発生しやすいことは、明らかなことであり
「肥満」という結果と同じように、<結石>に関しても現れるものです。

ただし、「成人の6人に1人」という割合で発生するものであり
たとえ見た目が太っていなくても、発生する可能性は十分にあります。
(気づかず放出してしまう人も多く、深刻なものとなる人の割合は少なくなります。)

鍵を握る「カルシウム」と「シュウ酸」の可能性

結石は、そのほとんどが「カルシウム」を中心に構成されるため
カルシウムの過剰摂取は、結石の生成リスクを高めると言えますが

「どのくらい摂ったら」といったことは、個人差があると考えられます。

また、意外にも「カルシウム不足」によっても発生リスクは高まり
その鍵を握るものが、「シュウ酸」と呼ばれる成分になります。

結石の正体は、「シュウ酸カルシウム」という代謝物質であり
体内でこのシュウ酸カルシウムが、溜まってしまうことで発生するのです。

※シュウ酸は、「緑黄色野菜」や「根菜」に主に含まれる成分

カルシウムが不足した際には、本来結合すべきシュウ酸が余ってしまい
(シュウ酸カルシウムは、一定量は発生するもの)
<カルシウムを探しに尿に行く>ことで、結石が発生しやすくなります。

また「動物性脂質」や「塩分」といったもの摂取によっても
最終的にシュウ酸カルシウムが発生するリスクが高まることになります。
「今の食生活」と「過去の食生活」の、その方が関わる症状なのです。

タイトルとURLをコピーしました