「血糖値と尿酸値の関係」と「糖尿病と痛風」を併発させないための同時にできる改善策とは

痛風を治したい

生活習慣によって引き起こされる健康トラブルの症状は、
幅広いものですが、それらは互いに影響しあっているものです。

「病名」がついているものから、ちょっとした”違和感”まで様々であり
その中の1つとして、「痛風」は特につらい症状として知られ
特に高い血糖値に悩んでいる方というのは、その発症リスクは高いものと言るのです。

というもの、

生活習慣病・その周辺トラブルにしても、基本的なリスクは共通しているものであり
「食生活」を中心とした、今まで経てきた生活習慣が関わるためです。

そのため、「痛風と糖尿病は関係があるのか?」という疑問に関しては
「もちろん、関連性の非常に高いものである」と言えます。

痛風は「高尿酸値症」と呼ばれる、血中の尿酸値が高い状態でリスクが高まる
「関節炎」の症状であり、四肢の先端(特に足の指)が「風が吹くだけで痛い」ことで知られます。

発生要因が血糖値の慢性的な高まりである、糖尿病の過程と似ており
上記したように、根本的な原因が「積み重ねた食習慣」にあることから

血糖値が高い=尿酸値が高い可能性が高い

ということが言える症状になります。

血糖値高いということは尿酸値も高いことになる理由

尿酸値が高くなってしまう理由に関しては、
<プリン体の摂りすぎ>ということで、広く知られてることと言えます。

ただし、必ずしもそうとは言えないものであり
基本的には、「体質」に大きな影響を受けると考えられています。

同じ食生活をしていても、高くなる人・ならない人があります。

これに関しては、他の生活習慣病とも共通することです。

またプリン体の象徴として、「ビール」を想像する方は多いと思われますが
「甲殻類」「魚卵」を中心として、ビールよりも「危険」なものは多いのです。

加えて「水分不足」は、それが日常的になっていることによって
「潜在リスク」を高めるものであり、更に慢性的に尿酸値が高い人が
水分不足に陥った際には、「痛み」といった症状が出やすいと言えます。

このことからも、やはり「浸透圧」といったものが関わることが分かります。

痛風の対策は、基本的には他の生活習慣病と同じく
「食生活の改善」という、極めて当然といえる働きかけになります。

ただしその特徴からも、より集中的に対策することもでき

  • プリン体の高い食材を制限する
  • 水分補給をこまめにする(不足させない)

加えて「クエン酸」の摂取が、有効とされています。

また尿「酸」を中和させるために「アルカリ性」の食材の摂取も
(クエン酸は酸性ですが、体内でアルカリ性に変換されます。)

プリン体を多く含む食材・・・

  • 甲殻類(エビ・カニ)
  • 魚卵(たらこ・かずのこ)
  • レバー
  • 干物(青魚)

アルカリ性の食材・・・

  • こんにゃく
  • 根菜
  • ナス
  • キャベツ
  • バナナ

身近なものも多く、意識するのはそれほど難しくないものばかりです。

痛風の症状におすすめの注目成分「アンセリン」

更に最近では、尿酸値を低下させるために非常に有効成分として
「アンセリン」という成分が注目されています。

聞いたことのない方も多いと思われますが、
過剰に発生した尿酸の排出を促す、根本対策となる成分です。

アンセリンは、食事による摂取も可能な成分ですが
上記したしような「プリン体の多い食材」に含まれることも多く、
「あっちをたてれば、こっちたたず」という状況になってしまうリスクがあります。

そのため、サプリでの摂取がおすすめの成分と言えます。

どちらも進行させてはならない症状

「痛風は痛いから避けたい」

そう思っている方も多いかもしれませんが、
痛風に至る、また生活習慣病を抱えた体の状態というのは
最終的に「動脈硬化」のリスクを高める点が、最も懸念すべき本質と言えます。

生活習慣病の予防・改善というのは、この動脈硬化を防ぐことが最終的な目的でもあるのです。

ブドウ糖・尿酸共に、血液の質を悪化させる要素であり
これらの数値を減らすことは、痛み・各種症状を避けるだけでなく
将来的な、より深刻なリスクを避けることにつながるのです。

タイトルとURLをコピーしました