結石の効果的な対策と予防するための食材・栄養素

尿管結石も治したい

「激痛」を伴うトラブルの代表として知られる、「尿管(路)結石」
中年以降「続々と倒れていく知人」によって知らされる、恐怖の対象の1つです。

いわゆる「石ができる」という言葉に表されるように
ある意味で”体が作り出した結晶”でもあり、気づかない間に
見えないところで構成され、痛みによって完成を知らされることになります。

「結石」に関しては、「尿管(尿路)」だけにできるものでなく
あらゆる器官(特に内臓の橋渡しとなっている部分)に発生するものであり

場所に関係なく「痛み」や「違和感」を感じる症状と言えます。

体質によっても、できやすい・できにくいの差がありますが
これらの原因となるのは、基本的に「食生活の内容」であり
もはや生活習慣病の一部と言って差し支えのないほどです。

もちろん、言うまでもなく”乱れているほどに”リスクの高い症状といえます。

「いいもの」に多く含まれるリスク成分

結石に悩む人が多いということは、豊かな証拠でもあります。

摂取する栄養素の中で、消費されず・代謝を逃れてしまった
「残ったもの」によって、徐々に形成されるものであるためです。

基本的には、高栄養価の食材の摂取によってリスクは存在しますが
結石そのものは、「シユウ酸」と「カルシウム」によって構成されます。

そのため、特にこれらが含まれる食材の摂取は
そうでない食材に比べて、リスクをより増やすことになります。

シユウ酸を含む食材としては、

  • ほうれん草
  • たけのこ
  • 根菜

といった「灰汁(あく)」の強いもの、緑黄色野菜といったやはり栄養価の食材が目立ちます。

「青汁を飲み過ぎると尿管結石になりやすい」という話は、よく聞かれるものになりますが
これに関しても、青汁が様々な食材の栄養を濃縮して配合していることが理由と言えます。

しかしながら、生活習慣病の原因と重なる部分の多い結石の症状は
生きている時間とリスクが比例するものになります。

いくら普段から注意しているとしても消費・代謝をされない栄養素は
徐々に溜まっていくものであり、決して低くはない確率(成人の15%)
体内に発生するものであり、他人ごととして考えるべきではありません。

「いい歳」になったら、より意識して予防・対策しておくべきであり
そのための、効率的なアプローチを知っておきましょう。

手軽にできる中和策

塩分(ナトリウム)の過剰摂取による、「浸透圧」の乱れが
高血圧を招くように、体の様々な機能にとって浸透圧は重要なものになります。

浸透圧というのは、「一定の状態」を保つことが必要であり
「陰と陽」の関係ともいうべき、様々な栄養素が補完関係にあります。

特に「ミネラル」に関しては、その傾向が知強いものであり

「ナトリウム」に対する「カリウムの「摂取」が、結果的に高血圧へのアプローチとなるように
カルシウムと「”対”を成す「マグネシウム」の摂取が、結石の予防に効果的と言えます。

マグネシウムは、

  • 豆類(枝豆・アーモンド)
  • ダシ系(煮干し・海苔・わかめ)

といった、やや狭い範囲の食材に豊富に含まれているものであり
お味噌汁を中心として、意識して摂取していきたいものでもあります。
(その際には塩分の摂取等新たな懸念も多く、難しいものです・・・)

”早めに出す”ことが最善

「予防」に関しては、結局は「気をつけるしかない」ことになりますが
それよりも、やはり「できているっぽい・・・」という状況において
有効な働きかけとなるものを、求める人も多いはずです。

しかしながら、医療機関で処方される治療薬以外では
結石は無くなる(小さくなる)ことはなく、<出す>ことでしか解消する方法はありません。

排出の際に激痛を伴うイメージがあり、事実でもありますが

ごく小さなものであれば、多少の違和感で済むことも多いのです。

そのため、「小さいまま、さっさと出す」ことが

最も理想的な尿管結石の解決策である、と言えますが

そのためには、「結石が育たないようにする」ことが大切なことになります。

「痛風」と同時に予防ができる症状

尿管結石は、様々な面で「痛風」の症状も共通しており
それには「尿酸値」と呼ばれる数値が関わることになります。

生活習慣病・痛風とくれば、もちろん「アルコール」が鍵となることは
言うまでもなく、これらは非常に「連鎖」を起こしやすい症状です。

「水分の摂取による排出」と共に、「クエン酸」が鍵になる点も
結石と痛風の共通点であり、またサプリを検討しているのであれば
「痛風サプリ」の利用が結石対策にもつながる、一石二鳥の効率的な策となるはずです。

クエン酸の摂取を代表とする、様々な働きかけに関しては
できてしまってからよりも、もちろん「予防段階」で有効なもと言えます。

「できそうになったら、即・常に解消する」

ということが、最も重要・効果的なことになります。

また同時に「育てない」ということも、大切なことですが
<早く出す>と意識することが、非常に大切なことになります。

体内に存在する時間が、長いほどに成長するものであり
代謝・循環・排出を早めるために、水分・運動・クエン酸と
徹底的な改善を行い、”気づいたらなくなっていた”ということが理想と言えます。

タイトルとURLをコピーしました