「腎臓結石」の予防策~発生させないための秘訣は?解消することはできるの?~

痛い症状の予防

「腎臓」とは、非常に過酷な宿命を背負った臓器です。

「脳」や「心臓」とは別に、「別格」とも言える重要な働きを担い
また「最も犠牲になりやすい」という、悲しい一面もあります。

その理由としては、腎臓が持つ最大の機能として
「血液のろ過」というものがあり、休むことを許されないためです。

もちろん、心臓をはじめとした全ての器官が
生まれたから死ぬまで・常に動き続けているわけですが
食事の際に活性化する「胃腸」や、お酒を飲んだ際に出番の多い「肝臓」と異なり
血液は常に流れ続けるため、常に働き続けなければならないのです。

”汚れた血液”が引き起こす痛い症状

そして、中高年の健康トラブルに「よく顔を出す」症状である
「動脈硬化」は、余計な「ブドウ糖」や「中性脂肪」といったものによって

血液の濃度が上昇することが原因であり、血管の負担が増えるだけでなく
腎臓の負担が増えることそのものでもあるのです。

そして、「血管で構成されている」と言っても過言ではない
非常に繊細な器官であり、また血管の集合体である腎臓は
それ自体に動脈硬化が起きてしまうことで、より深刻な状態となります。

この症状は、一般的に「合併症」と呼ばれており
「高血糖」の結果としても、また「高血圧」の結果としても現れるものになります。

悪化した腎臓の状態に付随するトラブルは、重いものに限らず様々なものがあります。

そして、その中でも「腎臓結石」と呼ばれる「石」が発生する症状は
早期の命の危険はないながらも、非常につらい症状の1つです。

「腎臓結石」とは

「結石」と呼ばれるものは、腎臓から尿道にかけてどこにでも発生するリスクのあるものであり
尿道(尿路)にできるものは、「尿管(路)結石」と呼ばれることでお馴染みです。

腎臓結石とは、その名の通り「腎臓にできる結石」であり
その原因は、「過剰な(処理できなかった)栄養素」に加えて
最近では「ストレス」といったものも、大きく関わると考えられています。

特に、

  • 各種「ミネラル」の過剰摂取
  • 尿酸の発生

この3つが大きな要因となることは、昔から指摘されています。

また動物性脂質の分解過程や、アルコールによって発生する
「シュウ酸」は、リスクを加速されることになります。

いずれにしても、血液・尿といった「体液」の濃度が上昇することで発生リスクが高くなることは確かです。

結石は、それ自体が動くことで「痛み」を感じるものであり
腎臓結石は、特に「背中」が痛いことで知られています。

そしてこの腎臓結石の原因の多くが「食生活」にあり、それを予防・改善するのもまた食生活の質なのです。

食生活の根本的な見直しが必要

腎臓に関するあらゆる合併症、更には腎臓結石までを未然に防ぎ
状況を改善するためには、「腎臓のことを考えた食生活」を意識する必要があります。

まずは、「食事制限」によって、全体的な食事量(内臓の負担)を減らすこと
特に「ナトリウム」は、高血圧の原因ともなるため
中年以降は、特に意識して減らしていくべきなのは言うまでもありません。

これは、「超前提」となります。

それ以上に重要なことが「水分」を不足させないことです。

体液の濃度が濃くなってしまっている、ということは
中和するための綺麗な水分が、相対的に足りていないということです。

こまめな水分補給によって濃度上昇に備えておくこと、薄めることがすぐにできることになります。

食材・成分単体で、腎臓を回復させることは基本的に困難です。

これは各臓器にも言えることですが、全て間接的なケアとなります。

そしてその最大の鍵を握る要素は、やはり血液の質です。

これは体液の濃度を薄める(綺麗にする)最たるものです。

  • 高血糖
  • 脂質異常症(高脂血症)
  • コレステロール

ありとあらゆるものが、血液を汚します。

血液を綺麗に保つためには、水分の摂取と同時に「DHA」といった特定の「脂質」が効果的です。

「悪い脂質を減らすためにいい脂質を摂取する」というのは
現在では血液対策の主流であり、ぜひ食生活に取り入れる
また足りないと感じれば、「サプリ」等で補充することが大切です。

「利尿作用」を持つ「カリウム」の摂取によって、
「体液の循環」を早めることで、リスクを減らすという考え方もありますが

同時に「頻尿」のリスクを上昇させることにもつながるため、
中高年にとっては、「一長一短」と考えられるものです。

「断食」はぜひおすすめの施策

負担の大きい臓器を休ませるための手段として、一度は試して欲しいものが「断食」です。

食事をしない(処理するものがない)ことで、腎臓だけでなく全ての器官の負担が一時的に激減します。

汚いから・弱っているからこそ「リセット」が必要です。

無理のない範囲で、試して欲しいと思います。

  • 3か月に1度1日だけ
  • 半年に一度2日間

といった、「定期的」に行うことも意識しましょう。

勃起塾

タイトルとURLをコピーしました